2006年03月22日

女王誕生!

8時15分起床。
持ち帰りの仕事。
11時過ぎに終わり、録画していた『女王の教室・パート1』を見る。
女王誕生までの軌跡。友達感覚で子供に接し、ナメられる教師の実態が
よく描かれている。弱いものにはとことん強く、強いものには弱いという
子供(というよりは人間全てか…)の姿。何かあるとすぐに学校に抗議に
行く過保護な親たち。次々と試練に襲われる真矢に、チラリチラリと
女王の片鱗が見えてくるところが面白い。

続けてパート2と行きたいところだったが、WBC決勝戦が佳境に入って
いたのでそちらの方を。この試合については恐らく日本中のブログで
話題になっているので触れない。

試合終了後、池袋・三越で開催されている富山物産展に。
白エビ、ホタルイカ、黒部峡谷わさびウインナーなどを購入。
場内で麺家いろは 白エビ塩らーめんと富山黒醤油らーめん。
いずれも今まで食べたことのない味。うまい。
その後、古着屋・レッドクラウドを覗いてから帰宅に。
地元書店で散歩の達人の別冊『江戸下町遊覧』を購入。
鬼平の記事があったのが決め手。

買ってきた白エビ、ホタルイカ、わさびウインナーなどで夕食後、
午後9時過ぎから『女王の教室 パート2―女王降臨―』。
一番グッときたのは、ドラマ本編で真矢に対して和美が言った
「一人ひとりそれぞれ幸せの考え方は違う。だからここにいる
みんなが幸せになると思います」というセリフを真矢が言った
ことだ。
かなりデフォルメされているとは言え、基本的に日本の教育現場
はこんなものなのか。




【関連する記事】
posted by 野津 at 01:23| 東京 ☁| Comment(46) | TrackBack(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

飛び石連休の間の月曜。

明日が休みなので、本日が入稿日。
通勤時の本は、先週金曜日に新橋の古本屋で買った池波正太郎先生の
『銀座日記』。先生の映画好きと健啖家ぶりが良くわかる。
朝から号ズレの連絡があり、本日の入稿はわずか1本。
午後、一段落したのでメシでも…と思ったが、ちょっと
原稿を書いてからと思っているうちにメシのタイミングを失う。

早めに仕事を終えて竹の子に飲みに行って昨日のWBCの話でもと考えて
いたが、あれもしておこう、これもしておこうとやっているうちに
あっという間に午後9時過ぎ。
ようやく仕事場を出て五反田に向かう。
すきっ腹で飲むとマズイので新橋駅ホームでウコンの力を買って飲む。
休日前のにぎやかな店内を想像しながら向かうと竹の子は休み…。
マスター、カゼでもひいたのだろうか。
恵比寿に行こうとも思ったが、本日はまっすぐ帰ることに。

帰宅後、録画していた『巨大魚を追え!!日本の豪腕漁師』を見る。
テレ朝の『マグロに賭ける男たち』に代表される漁師番組は最近良く
見ているが、この番組は良かった。
中でも石川・珠洲沖でとれた寒ブリの旨そうなこと。
旨そうと言えば、沖縄・与那国の漁師さんがカジキの餌にしていた
カツオと、勝浦沖の漁師さんが餌にしていたサバも旨そうだった。
posted by 野津 at 13:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。